害獣と害虫駆除で住みやすい環境を目指そう|快適な住まいの為に

Insect exterminator

社会が生み出す問題

exterminator

生活の暮らしで動物はペットとして一般的に飼われています。そのペットを飼われている方で飼うことが困難になって逃がす方が今増えている事で問題が起き、駆除が求められているのです。

Read More

住宅を劣化させる

exterminator

シロアリは木材を食べる事で生きます。そのため住宅に住み着いてしまうと厄介で、住宅が劣化してしまうことにも繋がります。まずは発見した段階でしっかりと駆除することが重要です。

Read More

鳩の駆除とサービス

exterminator

長い歴史の中で、人間と深く関わってきた生物は数多く存在しています。鳩もその中に挙げられ、非常に重要な役割を担う時代もあったのです。ですが時代が変わり近念では鳩による被害も増えてきました。

Read More

長年続く状況

とても危険なアシナガバチ駆除はコチラの専門スタッフに対応してもらいましょう。年間の依頼件数も多いので、安心しておまかせできます。

鳩の浸入をを防ぐ対策とは

exterminator

普段公園や駅でよく目にする鳩。馴染みの深い鳥ですし、子供のころからよく目にすることで、特に嫌いでもなければ好きでもない。まあ平和の使いなんて言うし、ほのぼのしてるよね。という程度に私たちの生活に程よく馴染んでいる鳥ですが、自分の家に巣を作られてしまったら、途端に手におえない害鳥となってしまいます。鳩は強力な帰巣本能と縄張り意識を持った鳥で、一度狙われると追い出すのは至難の業。家に巣を作られる前に、鳩の習性について知っておきましょう。まず鳩が家の近くに現れるとき、4つのタイプにわけられます。1つは休憩場所として利用している場合。長居はしないけど、いったんとまって羽づくろいなどをします。丁度巣やえさ場の中継点に当たっているようです。対策としては鳩がとまる場所をなくすことです。また、ベランダはこまめに整理し、隙間などを作らないようにしましょう。

巣作りは全力で防ぎましょう

2つ目は餌をとる拠点となっている場合です。家の前が公園や畑になっている場合は要注意。餌を狙うための拠点になっている場合があります。こちらも対策としてはとにかく鳩のとまる場所を作らないこと。物干し竿などは使わないときは片付けたほうがよさそうです。3つ目は夜間の寝場所になっている場合です。こうなると巣作りの場所として狙われています。対策としては鳩を見かけたら常に追い払いましょう。徹底的にとまれる場所をなくし、ネットを設置して侵入を防ぎましょう。4つ目は巣作りしている鳩。完全に巣作りの場所に選ばれた場合、すさまじい糞害が起こります。鳩は夫婦で2つの卵を産み、育てる習性があり、あっという間にベランダは糞が積み重なり悪臭を放ちます。対策としては巣を見つけたら直ちに撤去しましょう。糞を綺麗に掃除して、ネットを張り巡らせます。あきらめずに何度も巣作りをしようとしますので、根気よく追い払うことが必要になります。

Copyright © 2015 害獣と害虫駆除で住みやすい環境を目指そう|快適な住まいの為に All Rights Reserved.